オシム流日本代表レベル底上げ計画

 オーストリア遠征に臨む日本代表メンバーが31日発表され、オシムジャパン初招集のMF松井大輔(26=ル・マン)ら19人を招集した。遠征では7日にオーストリア、11日にスイスと対戦するが、2試合でメンバーを総入れ替えする「ツープラトン」計画が検討されていることが分かった。FW陣は1日夜に追加招集される予定で、最終的に23、24人となる代表メンバーは2日夜に千葉県内に集合し、3日に出発する。

 オシムジャパンが、異例のターンオーバー制を敷く可能性が出てきた。オーストリア遠征では、4カ国が参加する変則的な3大陸トーナメントに出場。7日にオーストリア、11日にスイスと対戦するが、オシム監督に近い関係者は「各選手は、それぞれ1試合しか出ないだろう。全部で24人程度を呼び、2試合で2つのグループに分けると聞いている」と明かした。 スポニチ
 松井の動きは、ニュース等のダイジェストで見る事が多い。従って、一般人には良い所ばかりイメージされている。
 代表の試合くらいしか観ないニワカには、物凄くハードルが高く設定されている。それに負けない活躍をきたいしたいですね。



風俗デビュー安心マニュアル

遊んでいるだけで高額報酬!!新薬臨床試験アルバイト情報

[PR]
by xhaxha | 2007-09-01 14:11


<< 週刊文春の姫退治 橋下弁護士を提訴 >>