娘に学芸会でピアノを弾かせてほしい

                【PR】貴方にも出来る除霊方


 いつの間にかモンスターペアレントなんていう名称がついていたんですね。

金品要求に教師糾弾のビラ 「モンスター親」に苦悩する学校 [ 11月23日 12時20分 ]
J-CASTニュース
「娘に学芸会でピアノを弾かせてほしい」「いじめた子を転校させろ!」
保護者モラルの低下で、こんな苦情に悩む学校が増えてきた。いつから増え始めたのか定かではないが、07年夏ごろからマスコミでは「モンスターペアレント」と呼ぶようになってきている。

モンスターだから、社会常識や理性はなかなか通用しない。が、そんな親を持つ子どもを辞めさせられない以上、対応するしかない。そこで、自治体各教委が取り組み始めたのが、苦情を類型化して処方箋を書いたマニュアルだ。

京都府教委は11月15日、苦情マニュアルの「信頼ある学校を創る」を作成。その中で、親の苦情を「現実正当型」「理解歪曲型」「過剰要求型」「解決困難型」の4つに類型化した。そのうちモンスターペアレントに当たるというのが「解決困難型」だ。

また、群馬県安中市教委では7月、トラブルの未然防止のため、親の苦情を「依存型」「溺愛型」など10類型で想定した「苦情対応マニュアル」を作った。もとは、東京・立川市立立川第一中学校の嶋崎政男校長が個人的に研究発表した「指導と評価2005 年4月号」で提唱された考え方だ。

[PR]
by xhaxha | 2007-11-23 21:13


<< 「みのさん、オレが殺したんか」... 気を付けましょう!高血圧が死に... >>